2019年上半期ベストアルバム~CD3枚サブスク6枚


f:id:vibechant:20190627130617j:image

 

今更だがこないだツイートした2019年上半期ベストアルバム9枚。

 

When I Get Home/Solange
Nice To Meet You/Pi Ja ma
Lucid /Raveena
Fear Gorta/Fear Gorta
Hochono House/細野晴臣
35 mm/Juan Fermin Ferrarris
Quartetto Sentinela/Quartetto Sentinela
Turning Point/Celso Fonceca
Q曲/東郷清丸

 

リズムが跳ねてたり変則的なものよりメロウで心地好いものを好んで聴いた。年のせいもあるがこの傾向の決定打となったのはやはりSolange。サブスクでの突然の発表やプレイリストに入れられることを拒むようなシームレスな曲のつなぎが話題だったが自身のヴォーカルも楽器のように扱う音に対する美意識がひたすらに心地好かった。RaveenaもSolangeほどのこだわりはないが心地好さでは同等だったし、Juan Fermin Ferrarrisの美意識も匹敵するものがあった。

 

ブラジルはミナスを中心にいろいろ聴いたが結局ここでも心地好さを優先しQuartetto SentinelaとCelso Foncecaを選んだ。Fear Gortaはリズムが激しい曲もあるがヴォーカルはしっかり歌っているのが良かった。Pi Ja Maも可愛らしさだけではない自己主張のあるフレンチポップだった。東郷清丸もジャケットからは想像のつかない気持ちいいメロディーとビートの響かせ方が絶妙。そして71歳でほぼ半世紀前の自身のアルバムを新鮮な音に作り替える細野さんの凄さに敬服した。

 

数年前はベストアルバム9枚すら選べないほど新譜からは遠ざかっていた。2015年に日本でサブスクが相次いで始まった時はスマホAndroidがだったのでAWAを選んだが昔聴いた音楽のプレイリストばかり作っていた。翌年Spotifyが日本でもスタートしツイッターの音楽好きフォロワーさんも使ってるのがSpotifyApple Musicが多かったのでスマホの機種交換のタイミングでSpotifyに乗り換えた。

 

今回選んだ9枚のうちCDで買った(フィジカルという言い方はいまだに慣れないので使わない)のは細野さん、Juan Fermin Ferrarris、Celso Foncecaの3枚。他の6枚はツイッターで知りSpotifyで聴いた。SolangeのようにCDではリリースされてないものもあるし、Celso FoncecaもCDが出たのは今年だがサブスクではすでに昨年リリースされていた。

 

「CDを買ったのは3枚で残りはサブスクで聴いた」。この文章を読んで頂いてる(多分)音楽好きのあなたはどう思っただろうか。「たったの3枚?」だろうか。「まだCD買うんだ」だろうか。

 

聴き放題は音楽の垂れ流しだ、モノではなくサービスなので所有感がなく愛着がわかない、ライナーノーツやクレジットがなく自分で掘り下げる情報が乏しい、プレイリストやお勧めするものに慣らされてしまっている、ミュージシャンに入るお金が少なく好きならCDやレコードを買うべきだ、などサブスクに対する批判は根強い。サブスク間であるものないものの差はかなりあるし、版権の関係などで聴けなくなってしまうものも多く音楽サービスとしてはまだ脆弱であり、まだまだ過渡期で不完全なものであることは否めない。

 

ただ思うのは頼むから少なくとも自分が生きている間はもうこれ以上音楽の流通形態を変えることは止めてほしいということだ。僕の世代はレコード→CD→データ配信→サブスク、カセット→MD→CDーRと変化が激しくそのたびにミニコンポ→CDラジカセ→パソコン&スピーカー、ウォークマンディスクマン→MDウォークマンiPod、と新しく機器を買わなければいけなかった。投資した額はレコードやCDよりかかったのが一般的ではないだろうか(僕のようにレコードやCDの購入額の方が遥かに上回るという猛者もいるだろうが)。

 

最近のレコードブームを訝しく思うのもこれに近い。CDが登場した時のことを思い出してほしい。レコードの生産は早々と打ち切られ、CDプレイヤーの販売促進のためかのようにレコードプレイヤーはあっという間に隅に追いやられた。ところが今のサブスク時代が来ると矛先はCDに向けられ、かつて見きりをつけたレコードを引っ張り出す。レコード会社と電機メーカー主導で音楽業界を変化させ、結局いつも振り回されるのはミュージシャンとリスナー。こんな状況では音楽に対する愛がどうのこうのとか言うこと自体が馬鹿らしくなってきてしまう。

 

それでも音楽を聴き続けるのはやっぱり好きだから。レコードだろうがCDだろうがサブスクだろうが肝心なのは中身であって聴き方に上下はないと思っている。だいぶ話が逸れてしまったが下半期も良い音楽に出会えることを願って。

 

 

#平成の邦楽30枚(諸事情により26枚)


f:id:vibechant:20190327194544j:image

 

●平成元年(1989年)

JOY/山下達郎

●平成2年(1990年)

カメラ・トークフリッパーズ・ギター

●平成3年(1991年)

女性上位時代/ピチカート・ファイブ

●平成4年(1992年)

結晶/オリジナル・ラブ

●平成5年(1993年)

犬は吠えるがキャラバンは進む小沢健二

●平成6年(1994年)

Future Listening!/テイ・トウワ

●平成7年(1995年)

Alive/ラブ・タンバリンズ

●平成8年(1996年)

空中キャンプ/フィッシュマンズ

●平成9年(1997年)

愛と笑いの夜/サニーデイ・サービス

●平成10年(1998年)

アメトラ/UA

●平成11年(1999年)

9 9/9/Tokyo No.1 Soul Set

●平成12年(2000年)

BLIND MOON/SAKANA

●平成13年(2001年)

クローカ/Sunaga t Experience

●平成14年(2002年)

パロール夏木マリ

●平成15年(2003年)

シティ・ミュージック/流線形

●平成16年(2004年)

baby/The Miceteeth

●平成17年(2005年)

electrlyric/bonobos

●平成18年(2006年)

Tokiwa/木下ときわ

●平成19年(2007年)

Blue Planet/calm

 

※平成20年(2008年)~平成22年(2010年)は療養で音楽を全く聴かなかった

 

平成23年(2011年)

s(o)un(d)beamssalyu × salyu

 

平成24年(2012年)は結婚準備に追われ音楽を聴く余裕がなかった

 

●平成25年(2013年)

Heavenly Music/細野晴臣

平成26年(2014年)

歌で逢いましょう/畠山美由紀

平成27年(2015年)

わたくしの20世紀/ピチカート・ワン

平成28年(2016年)

META/META FIVE

●平成29年(2017年)

Mellow WavesCornelius

●平成30年(2018年)

平成/折坂悠太

 

 

~以下、30枚ではなく26枚になってしまった個人的な蛇足~

 

平成は自分にとって10代の終わりから40代の終わりにあたる。特に90年代半ばから00年代前半は編集の仕事をしながらDJもやっていてバカみたいにレコードやCDを買っていたのでこの時期の選盤は難航を極めた。しかも1年1枚でミュージシャンをタブらないようにするという縛りにしたから「あれが選べない」「どっちにしよう」と一人悶絶し天気のいい平日の休みを部屋で無為に過ごしてしまった。

 

「平成の30枚」なのに26枚になってしまったのは大袈裟にいえば自分の人生の挫折が関係している。編集者の転職を繰り返しながらDJでクラブを転々としたが特に目指していたものがあったわけでもく、その場が楽しければいいと成り行きに任せ付け焼き刃でしのいでいたのでだんだんと行き詰まるようになった。追い打ちをかけるように会社のボスの自死や同僚の退社や失恋が重なり心が破綻し3年間全く音楽を聴かなかった。その後結婚しまた音楽を聴くようになったが心に余裕がなければ音楽なんて聴いてられないという感覚は今も残っている。でも音楽のない人生もつまらない。次の元号の時代も音楽のある暮らしを送りたいと願い、折坂悠太の「平成」を聴こう。

 

「幸、おれたちに多くあれ  平成」

 

「マーシャンズ・ゴー・ホーム」最終回の真実


f:id:vibechant:20181026150425j:image

 

フリッパーズ・ギターが1990年4月から1年半の間、FM横浜で毎週火曜日の19時30分から30分ほどパーソナリティーをつとめていたラジオ番組「マーシャンズ・ゴー・ホーム」。クイック・ジャパンvol. 38(2001年8月28日)で当時ディレクターであった鈴木一男氏のインタビューが掲載されている(取材=大塚幸代ちゃん。彼女の依頼で僕は「これからフリッパーズ・ギターを聴く人のためのディスクガイド」を執筆した)。1991年10月29日の放送が結果的にフリッパーズ・ギター解散の公式発表の場となったが、実際には最終回までの5回分には小山田圭吾氏、小沢健二氏は出演していなかったという。

 

~以下、インタビューから一部引用~

 

大塚 「マーシャンズ」は、結果的にフリッパーズ解散の公式発表の場になってしまったわけですが…。

 

鈴木 これがね、最終回のテープがここにあるんですけど。10月29日。…彼らは、具体的には9月いっぱいで活動停止しているんですよ。それが決まったのが9月の末なんですよ。…決まったというか、そうなっちゃうっていうのは。僕は小山田のほうから「二人での収録は出来なくなる」って連絡をもらって。でも番組は続けなきゃいけないから、小山田、小沢個別でいいから録音をとろうと。じゃあってことで小沢に連絡をとったんだけど、彼はそれは嫌だと。…それで、オンエアまで日にちが無くなったんですよ。で、今までに録ったナレーションっていうのがあったんですが、それをつないでですね、話になるように。

 

大塚 え? 会話を切り貼りして?

 

鈴木 うん。それが最終回までの5回分。

 

大塚 …ぜんぜんわかんなかったです。

 

鈴木 そりゃわかんないようにやりますよ(笑)

 

大塚 じゃ、こぼれた選曲から拾ってっていう形で?

 

鈴木 今までのプレイリストを見ながら、かけられなかった曲を。それも割とテーマっぽく仕立てて。10月22日はルイ・フィリップ特集とか、してましたね。喋りも、その曲を紹介してるところなんかを、編集して集めて。こんなテープ作ったんですよ。「あいづち集」。彼らのあいづちが、これ一本まるごとはいっているんですよ。あいづちだけ(笑)

 

大塚 あいづち集…。

 

鈴木 その五回分の間は、一ヶ月、ほとんど徹夜してそれを編集していて。事務所やレコード会社が、フリッパーズを継続させるために彼らと交渉してる間ですね。ウチも好きなバンドだったので続けて欲しかったし。こんなに徹夜してんだからオマエラ番組に戻ってこいよ!って思ってましたけどね。

 

大塚 活動休止を撤回したら、番組再開できるようにと。

 

鈴木 うん…。彼らがもう一緒にやらないっていうのは、その時点では誰もしらないですから。スポンサーに対しても状況を説明できなくて。別に死んだわけじゃなかったし。もうどうしようもないので、最終回にしましょう、解散発表しましょうってなった時は…最終回はやっぱりピリオド打たなきゃいけないんで、そういう曲は残って無かったんですよ。こぼれた曲で作っても最終回は彩れないんで。瀧見くんと話をして、マーシャンズを総括する曲を選曲してもらったんです。で、オンエアの数時間前です、テープが完成したのは。

 

大塚 二人が瀧見さんを連れてきて選曲してもらって、小山田さんが「これでマーシャンズ・ゴー・ホームは終了です」しめて終わってるみたいなに、聞こえたんですけど。

 

鈴木 前に「マーシャンズ・ゴー・ホームはこれにて終了です」って小山田が洒落で言っていたような気がする、って思い出して。テープとして残っているかも定かじゃなかったんだけど、テープをリアルタイム一ヶ月ずうっと聴聞いて。そしたら見つかって…。見つかった時はもう涙出そうになって…。

 

大塚 …。

 

鈴木 しかも、泣いてる風に、言葉をつまらせてる風に、たまたま喋っていたんですね。「これは絶妙の出来だ!」って思いましたけどね。二回くらい放送前に聞きなおして、不自然はないかなーとチェックして。オンエアのあと、小山田から「最終回聞いて感激しました」って言われてバカヤロー!って思いましたけどね(笑)。「すごーい」って。

 

大塚 でも、それ狂ってますよ…。

 

~引用、終了~

 

前回のブログでも書いたが、フリッパーズ・ギターの解散はすでに知っていたので、マーシャンズ・ゴー・ホームの最終回は白けた気分で聞いていた。このインタビューを読んだ時も彼ららしいな、と思った。

1991年10月26日 僕らは少し早いフリッパーズ・ギターの「お通夜」をした


f:id:vibechant:20181025180011j:image

 

フリッパーズ・ギターのヘッド博士の世界塔が発売された1991年の夏休み。アルバイトをしていたレンタルレコード屋のバイト仲間の女の子に「フリッパーズのファンジンを作っている子達と知り合ったんだけど会ってみない?」と誘われ、FAKEのN嬢と大塚幸代ちゃんに会った。彼女たちはFAKE主催のイベントをやりたいと考えていて、当時僕らは吉祥寺にあったクラブHutsleを借りてDJの真似事をしていたので、僕らで良ければと協力することになった。イベント名はヘッド博士にちなみ「FAKE HEAD'S NIGHT」だった。

 

DJは僕らのほか、イベントCandy Talkで回していたOさん、スペシャルゲストにファンジン英国音楽の編集長であった小出亜佐子さんに参加してもらえることになった。開催日は1991年10月26日、運悪く瀧見憲司さんのクルーエルレコードのイベントBlow-Upと同じ日だったが、僕らはFAKEの二人が作ったフライヤーをレコード屋や古着屋に置いてもらったり、渋谷のクラブクアトロや川崎のクラブチッタでUKインディーズのアーティストの来日公演があるたびに配りまくった。

 

1991年10月8日のクラブチッタでのプライマル・スクリームの来日公演の時も僕らはフライヤーを配っていた。プライマルのライブはマンチェ全盛期なのに、アンコールでMC5のRambling Roseをカバーする最高のロックンロールショーだった。ライブ後のチッタ周辺は熱気が残り、フライヤーを受けとる人たちも友好的だった。ところがN嬢と幸代ちゃんが顔色を変えて駆け寄ってきた。「小山田さんがいたから解散の噂は本当ですかって訊いたら、うん、って…。」。実はFAKEの二人は10月になってからフリッパーズ解散の噂をきき、彼らに近い人たちからも本当だと言われていたのだった。「幸代ちゃん、今日はやけになったみたいに踊るな」と僕は不思議に思っていたのだがそういうことだったのか。さすがに「えー!!!」と叫んだが、FAKEの二人は小山田さんのそばにいたスタッフらしい人に「パニックになったりすると困るでしょ、ね…」と言われていた。N嬢は「小山田さんから『これあげる』ってキャラメルもらった…」と、ポリスターの宣伝用のハイソフトを見せた。「口塞ぎでキャラメルかよ…」と力が抜けた。

 

それでもFAKE HEAD'S NIGHTは予定通り開催された。生憎の雨模様で肌寒い日だったのにも関わらず22時のオープンから30分過ぎた頃にはFAKEの二人が用意していたフリーペーパー200部がなくなり、Hutsleのキャパを遥かに上回る大盛況ぶりだった。ネットもケータイもなく、フライヤーとクチコミだけが頼りの時代によくこれだけの人が集まったと思う。


f:id:vibechant:20181025181429j:image

僕は22時~22時半のオープニングと1時半~3時を担当した。(余談だがDJネームはアダ名のSUKERU。本名の透をもじってバイト先でつけられたアダ名だが、その後もDJをしている時は別人格[当時の本職は編集者]だと思って使い続けたので、今でも本名を知らずこのアダ名で呼ばれることがある)。掲載した写真のプレイリストには載っていないが最初の30分は客入りの時間帯でもあったので、クローディヌ・ロンジェのWho Needs Youやビーチ・ボーイズのGod Only knowsなどの元ネタをBGMのように回した。

 

後半の1時間半は人気のあったネオアコやマンチェに、当時知ったばかりだったソフトロックを混ぜた。ロジャー・ニコルスのDon't Take Your Timeをかけた時に「これ誰ですか?」と訊きにくる女の子が多かった(サバービアの再発盤が発売されたのは2年後の1993年)。1stのタイトルにもなってるからとかけたオレンジ・ジュースのThree Cheers for Our Sideはフロアの反応がイマイチだったが、ベレー帽ギャル殺しのウッド・ビー・グッズのCamera Loves Meで挽回した後は、モノクローム・セットのJacob's Ladder、ヘアカット100のMy Favourite Shirts、ブルー・ベルズのYoung At Heart、アズテック・カメラのPillar To Postと人気曲を連発し、最後はフリッパーズの午前3時のオプをかけて「今、午前3時でーす!」とドヤった。

 

イベント最後の曲はフリッパーズ・ギターのさようならパステル・バッジだった。FAKEの二人はやけになったかのように騒ぎ、曲が終わると「フリッパーズ・ギター解散!」と叫んだ。最後まで残ってた人たちが一瞬「え、何それ?」と少しざわついたが、イベントのお開きを告げる明かりがつくとしらけたかのように帰って行った。

 

10月27日朝5時。最終入場者数261人。Hutsleのオーナーは「どうもありがとうございました~」と客入りに満足気だったが、僕らは呆けたように「一足早いお通夜だったかもしれないね」と、力なく笑った。翌々日の10月29日、フリッパーズ・ギターの解散が公式に発表された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕らはそもそも何時に生きるのか

先日、ツイッターから「あなたがツイッターを始めて3年経ちました」と通知があった。

 

ツイッターが始まった2006年当時はミクシィをやっていて、暇さえあればしょっちゅう買ったレコード・CDや行ったライブやクラブで回したことを日記に書いていた。「(日本語で)140字なんて短すぎる」と思ったし、使い方がよくわからなかったので、ツイッターはやらなかった。

 

2007~2011年の間は病気で引きこもり、ネットはまったくやらなかった。病気が治り、結婚し、スマホを買い、久しぶりにサマソニに行くからツイッターで情報収集してみようかと始めた途端、ライターの大塚幸代ちゃんの訃報が偶然TLに流れてきた。携帯を無くし、昔の友人とは音信不通になっていたので、独り空しく幸代ちゃんの思い出をはてブに書きつぶやいていたらリツイートされ、一桁だったフォロワーが瞬く前に三桁を超え、音信不通だった友人にフォローされ、平謝りでレコードを返すこともできた。

 

今でもツイートは昔語りの方がバズり、新しく興味を持ったことをツイートしても不発する。僕らはそもそも何時に生きるのか。

 

https://youtu.be/f0Q1dpobHus

 

 

 

 

 

燃え殻ならぬ燃えかす

1992年10月16日。僕は所属していた音楽サークルが発行していた同人誌に「no more words  コトバニデキナイ」と題した原稿を書き、最後にこう綴った。

 

この夏に、僕はなんとか就職を決めた。印刷機材を販売する代理店だ。友人の何人かは僕がDJ/ライターにでもなろうとし、まともに就職活動なんてしないんだろうと思っていたらしい。とにかく、僕はもう音楽を言葉と表現の水溶液で薄めたり、クロス・フェーダーで無理矢理つないだりするのは止めようと思う。本当はほんの少しだけ楽しければね、それで良かったんだけど。でも、「青春は一度だけ」だし、思春期はもう終わったのだから。

 

ところが、実際は違った。印刷機材の代理店は一年で辞め、音楽関係ではないが編プロ、出版社を転々としながら、給料のほとんどをレコード・CDにつぎ込み、DJも続けた。音楽はあくまでも趣味で仕事にはしないと常々言っていたつもりだったが、結婚後は中古音楽ソフトの査定人になった。妻には安定した職業についてほしい、音楽関係は特に止めてと言われていたのに、だ。

 

僕たちはみんな大人になれなかった/燃え殻 を読む僕を冷ややかに見ながら、妻はこう言った。

 

「あなたが似たような本を書くならペンネームは燃え殻ならぬ、燃えかす、ね」。

 

 

ボクたちはみんな大人になれなかった

ボクたちはみんな大人になれなかった

 

 

プリファブ・スプラウトの音楽 ー 永遠のポップ・ミュージックを求めて

「“アルバム”って、覚えているかい?   “アルバム”は、今も重要だ。本や黒人の命と同じように」。

 

2015年のグラミー賞授賞式で最優秀アルバム賞のプレゼンテーターとして登場したプリンスは、会場の聴衆に向けてこう語りかけた。80年代、プリンスは「Purple Rain」で大ヒットを飛ばした後、「Around The World In A Day」「Parade」「Sign Of The Time」と次々に作風の異なるアルバムを発表した。セールス的には成功しなかったが、これらのアルバムは20世紀に発表された重要な作品として、今でも高い評価を得ている。

 

1960年代後半、ボブ・ディランビートルズの登場によってロック/ポップ・ミュージックはシングルからアルバムで評価されるようになった(皮肉なことに現在の音楽シーンはシングル評価に逆戻りしているが)。こうした80年代以降の音楽の世界において希有な存在として活動を続けるバンド、それがプリファブ・スプラウトであるーと唱えるのが、渡辺亨氏の「プリファブ・スプラウトの音楽 ー 永遠のポップ・ミュージックを求めて」である。

 

本の帯には、「プリンス、マイケル、マドンナと同時代を並走してきたポップ・マエストロ、パディ・マクアルーン(注:プリファブ・スプラウトの中心人物)の創作の魅力を解き明かす」と記されている。プリファブ・スプラウトをあまり聴いたことのないうちの妻は、「そんなに売れたバンドだっけ?大きく出過ぎじゃない?」と言った。確かにセールス的には、プリファブ・スプラウトは彼らには遠く及ばない(パディ・マクアルーンはプリンスの音楽のファンなのだが)。しかし、彼らの音楽が今も色褪せないのと同じように、プリファブ・スプラウトの音楽はポップで親しみやすく、難解ではない。それなのに、本書を読むと、パディ・マクアルーンの作詞・作曲がいかに凝っているかがわかる。音楽だけでなく、文学、映画、宗教、都市の成り立ちや歴史など、さまざまなエッセンスが詰まっている。だからこそ、プリファブ・スプラウトの音楽はプリンス、マイケル・ジャクソン、マドンナ、ひいてはボブ・ディランビートルズのように深読みしたくなる存在なのだ。

 

例えばセカンド・アルバムの「STEVE McQUEEN」(アメリカとカナダでは商標登録の理由で最初は「Two Wheels Good」というタイトルで発表された)。スティーブ・マックイーンは言わずと知れたアメリカ人の俳優だが、なぜイギリスのバンドで、どちらかと言えば軟弱なイメージのプリファブ・スプラウトが、男臭い俳優の名前をアルバム・タイトルにしたのか、興味が湧いてくるだろう。後の「ラングレー・パークからの挨拶状」「ザ・ガンマン・アンド・アザー・ストーリーズ」でも、パディ・マクアルーンはアメリカ文化を題材にしており、本を読みながらアルバムを聴いていると、アメリカの歴史を旅しているような気分になった。

 

本書を読みながらプリファブ・スプラウトで一番好きな曲「Hey Manhattan!」を聴いている時、僕は小沢健二の「流動体について」を思い出した。華麗なストリングのアレンジと都市をめぐる歌詞。これも深読みだろうが、小沢健二は「流動体について」を作詞・作曲する時にこの曲を思い出したのではないだろうか。

 

https://youtu.be/VDDJPbWq22E

 

本書でも、小沢健二の「ある光」の「神様はいると思った/僕のアーバン・ブルースへの貢献」は、プリファブ・スプラウトの「Cruel」にインスピレーションを得て生まれたとも紹介されている。「Cruel」のフレーズはこうだ。「たとえシカゴのアーバン・ブルースでも、きみを失ったことを嘆き悲しんでいる僕の気持ちほど切実じゃない」。

 

(余談だが、フリッパーズ・ギターと関わりの深かったライター/DJの瀧見憲司氏が主宰したレーベル名はクルーエル・レコードである)

 

渡辺亨氏は本書の「はじめに」で、「優れた作品ほどさまざまな解釈を呼び起こす。曲や歌詞、サウンド、ジャケットなどすべてを読み解こうとする試みそのものが、音楽の楽しみ方のひとつだと僕は考えている」と記している。また「あとがき」で、「ポピュラー音楽は純粋に音楽だけで成り立っているわけではなく、それを取り巻く状況も、また意味を持っている」とも。

 

新書サイズの音楽本が最近多く出版され、140字のTwitterから写真一枚のInstagramへ世の中の表現の流行が移り変わる中、本書のような読み応えのある音楽本もまだまだ出版されてほしい。そして、それに見合うポップ・ミュージックが発表され続けてほしいー。毎日中古レコード・CDを査定しながら、僕なりのポップ・ミュージックへの貢献を考えるのであった。

 

 

プリファブ・スプラウトの音楽 永遠のポップ・ミュージックを求めて

プリファブ・スプラウトの音楽 永遠のポップ・ミュージックを求めて