Happy Like A Yesterday And Tomorrow 2/3 Bar DoctorHead


f:id:vibechant:20240205083626j:image

先週に続き、Bar DoctorHeadのイベント「2月、節分・バレンタインとドクターヘッド」でDJしてきました。実質的にはBar DoctorHeadの2周年をお祝いするイベントで主宰者のあーるさんからは「Happy!でHot!な曲を」というお題を頂いたので、いつもの五十路のヨコのりではなく、20代だった90年代の頃に戻った気持ちで老体にムチ打ち「渋谷系+ネオアコ+昭和歌謡ソフトロック」のアゲめの選曲にしました。

 

Yeah!/International Resque

It's A Beautiful Day/ピチカート・ファイヴ

Jumpin' Jack Jive/オリジナル・ラヴ

Sending To Your Heart/フリッパーズ・ギター

Town And Country Blues/Jim Jiminee

I Love You/Pico

 

ちなみに1曲目はロシュフォールの恋人たちの「双子の歌」にしようと思っていたんですが、他のDJの皆さんが最初から飛ばしていたので咄嗟に変更しました。International ResqueにしろJim Jimineeにしろ回したのは何十年ぶり?でしたが、イントロだけであの頃の気持ちに戻れるぐらいの名曲ですね。特にJim Jimineeは下北沢のベースメントでのイベント「From Across The Turntable」で音楽ライターの宮子和和真さんが必ずかけたアンセムなので思い出深かったです。

 

久しぶりのアゲめの選曲で本人的には結構テンパってたはずなんですが、主宰者のあーるさんにノリノリの姿を激写されていました…。お恥ずかしい。


f:id:vibechant:20240205195919j:image

 

【夫婦漫才B2B
Groove Tube/フリッパーズ・ギター(妻)
Groove Tube/井の頭レンジャーズ(私)


f:id:vibechant:20240205202457j:image

 

B2Bは主宰のあーるさんから「奥さまもぜひ参加してください」と言われ、妻も何をかけようかとあれこれ考えていたのですが、イベント自体が終始アゲめのノリだったので調子に乗ってGroove Tubeメドレーをやりましたが、あーるさんから「2周年お祝いの曲を」と言われたのをすっかり忘れてしまいました。反省しています…(ビートルズホワイトアルバムの「Birthday」をかける予定でした)。

 

他のDJの皆さんの選曲も本当に楽しかったですが、やはりDJガンダムさんが1曲目に「燃え上がれガンダム」をかけたのは個人的にはイベントのハイライトでした。あと、還暦を迎えられたTequila Kubotaさんのハジケぶりは見習いたいです。


f:id:vibechant:20240206091429j:image

 

2週続けてDJなんて本当に何年ぶりのことでしたが、とても楽しかったです。またお逢いしましょう。



f:id:vibechant:20240205195843j:image

 

 

 

冬来りなば春遠からじ 1/27 Bar DoctorHead


f:id:vibechant:20240128172846j:image

 

1月27日(土) 四ッ谷のBar DoctorHeadの人気イベント「Bar薫る」にまたお招き頂きDJしてきました。今回主催者あーるさんから頂いたお題は「冬にきく渋谷系とか」。冬というと普段はブルース・コバーンとか長谷川きよしとか音数の少ないフォークを好んで聴くのですが、DJで回す曲は正直考えたことはありませんでした。冬ソングとは?と部屋に散らばったレコード/CDをひっくり返した結果、安易ではありますが単純に歌詞に冬が出てくるものにしようと決めましたがそれだけではそれこそ寒い選曲になりかねないので、冬の寒さから春の暖かさへと季節の移ろいを感じられる「冬来りなば春遠からじ」をテーマにしました。

 

ちなみに「冬来りなば春遠からじ」という言葉は、「厳しい冬がやって来たならば、次には暖かな春がついそこまで来ている。どんなに現在が不遇であっても、その先には明るい希望の日々が待っているというたとえ。イギリスの叙情詩人シェリーの「西風に寄せる歌」の末節にある句」ですが、私が知ったのは松本大洋の漫画「花男」でした。私の脳はまあまあの漫画脳なのです。

 

相変わらず前置きが長くなりましたが、以下が選曲リストと駄文です(Spotifyには夏木マリの「かもめ」はなかったので代わりに港町つなぎで「港のマリー」を選曲しておきました)。

https://open.spotify.com/playlist/45MfcWv9QBhOkfaigCMEux?si=eZeeXyASTh6uKSe5l0qGLQ

 

●ひとりで眠ることを学ぶ。/ピチカート・ワン

1分もない短い打ち込みのインストですが、「冬にきく渋谷系とか」がテーマといわれ真っ先に思い出したのがこのジャケットでした。DJで使える曲はないですが冬の寒い日にひとりで聴くにはもってこいの私の冬アルバムです。先日収録曲の「イマジン」のカヴァーでヴォーカルを務めたマリーナ・ショウが亡くなり、彼女の追悼の意も込めました。

 

●メッセージ・ソング/ピチカート・ワン

ピチカート・ファイヴのオリジナル・ヴァージョンはゲストの花田裕之がギターを弾きまくるロック調ですが、今回はピチカート・ワンのジャズ調のライブ・ヴァージョンを選びました。初めて聴いた時は歌詞でなぜ「いつか大人になる日に君もたぶんどこかへ旅に出るはず」と出てくるのかわからず、後にインタビューで「離婚した娘へのメッセージ・ソング」だったと読んだのですが、この曲を「みんなのうた」に選んだNHKのプロデューサーさんは知っていたんでしょうか。

 

●かもめ/夏木マリ

小西康陽プロデュース夏木マリは本当に大好きで今回も選曲しました。原曲は浅川マキで歌詞は寺山修司です。歌詞に冬という言葉は出てきませんが、かもめは冬の鳥ですし港町の阿婆擦れ女に恋した男の身勝手な哀しい顛末を飄々と歌う夏木マリさんはまさに女優です。

 

●女港町/畠山美由紀

港町つなぎで畠山美由紀による八代亜紀のカヴァーです。八代亜紀の追悼の意もありましたが、畠山美由紀渋谷系の文脈では語られないものの彼女のユニットPort of Notes瀧見憲司クルーエル・レコードからデビューしてますし、ソロになってからも堀込康行・ハナレグミとの「真冬物語」(作詞:松本隆)、Free TempoやSugiuramnのフィーチャーリング・ヴォーカルなど幅広く活動する実力者のわりにはクラブでかかることが少ないと感じたので選びました。

 

●おもて寒いよね/野宮真貴横山剣

「冬にきく渋谷系とか」がテーマならやはり渋谷系の女王・野宮真貴は欠かせません。原曲は「Baby, It's Cold Outside」というクリスマスのスタンダード曲で、今回かけた日本語歌詞は田島貴男もリスペクトする日本のスウィング・ジャンプ・ブルースバンド吾妻光良&スウィンギン・バッパーズによるものです。寒い冬の夜のデートの後、帰ろうとする女性を男性が家に誘おうとするかけひきを歌ったコメディー・タッチの歌詞で毎年のようにビッグネームのアーティストによるデュエット・カヴァーがリリースされる人気曲でしたが、#MeTooムーブメントによって歌詞が不適切だとアメリカのとラジオ局に苦情が寄せられ放送禁止になるという騒動がありました。皆さんはこの曲を聴いてどう感じたでしょうか。

 

●指切り/矢舟テツロー

小西康陽野宮真貴をかけたなら歌うジャズ・ピアニスト矢舟テツローもやはり欠かせません。大瀧詠一のファーストソロアルバム収録曲のカヴァーですがピチカート・ファイヴのセカンドアルバム「ベリッシマ」に収録される予定だったそうです(後にベストリミックスアルバム「月面軟着陸」に収録)。歌い出しが「きみはとても鋭い爪で蜜柑の皮をむいているけど」という歌詞のせいか、こたつで向き合う男女を歌った曲のような気がするのは大瀧詠一が東北の生まれだからでしょうか。

 

●冬へと走りだそう 再び/かせきさいだぁ

歌詞に冬が出てくる曲といえばこの曲があったと思い出し久しぶりに聴きたくなり選曲しました。歌詞に出てくる「セブンファイヴオーライダー」は漫画「750ライダー」が元ネタで、「委員長を乗せて」の「委員長」は漫画のヒロインのあだ名です。小学生の頃この漫画が大好きな同級生がいてバイクの免許をとって彼女と2ケツするのが夢でしたが、高校生になって免許取り立ての原チャリで事故りバイク嫌いになったこともついでに思い出しました。

 

若草の頃カヒミ・カリィムッシュかまやつ

そろそろ寒い冬から暖かい春をつげる曲をと選びました。主催者あーるさんから「小山田圭吾さんの誕生日なので関連曲を」というリクエストもありましたし、小山田圭吾が作曲したカヒミ・カリィではこの曲がいちばん好きです。

 

●Camera Full of Kisses 全ての言葉はさよなら/フリッパーズ・ギター

「雪が溶けて僕たちは春を知る」「思いっきり僕たちはキスを投げてさよならする さよならする さよならをする!」ということで。

 

B2B

Raise Your Hand Together(320 light years mix)/Cornelius

小山田圭吾お誕生日おめでとうということで。

 

今回のBar薫るはSwinging Popsicle/Grenfelleの藤島美音子ちゃんがDJ、Swinging PopsicleのギターリストのしまっちさんがThe Carawayでソロライブ、というなかなかレアな組み合わせもあっていつも以上に盛り上がり楽しかったです。ただフロアの後ろでとはいえ無造作に着替えをするDJガンダムさんを目撃し、ヒーローショーの後に見てはいけないものを見てしまった子どものような気分になりました。

 

主催者のあーるさん、Bar Doctor Headのやなぎはらさん、DJの皆さん、The Carawayのしまっちさん、足を運んでくれたお客様の皆さん、私のDJが終わった後に駆け付けてくれた妻、ありがとうございました。またどこかでお逢いしましょう。


f:id:vibechant:20240128172953j:image







 

 

 

 

 

2023年の個人的な記憶の記録


2023年が終わる。今年はアイズレー・ブラザースの「Harvest FOR The World」を繰り返し聴かざるを得ないほど、やるせない出来事が多すぎる一年であった。

 

赤ん坊はみんな一緒さ 誰もが一つの種なんだ

半分の人間が満たされ 半分は飢えている

愛は僕たちの中にたっぷりあるのに

強欲さに汚されている

いつになったら世界に収穫の時が来るのだろう

国家が植え育てるのは利得につながるものばかり

季節が巡るとともに痛みは大きくなってゆく

緊張することがあまりに多すぎる

いつになったら世界に収穫の時が来るのだろう

集まれ男たちよ 集まれ女たちよ


自らの命を祝い 子供たちに感謝を

集まれみんな あつまれみんな揃って

誰のことも見下ろさず 

この世界のために生活が

より良くなるよう願うんだ

僕は武装させられるんだ

ほしいのは平和だけなのに

代償を払うものは 全て失ったまま家に帰る

国民は次から次へと野獣に変わる

いつになったら世界に収穫の時が来るのだろう

 

多くのミュージシャン達が天に召されてしまった年でもあった。特に私が初めて買ったレコード・初めて観に行ったライブであったYMOのメンバー、高橋幸宏坂本龍一が亡くなった喪失感は大きく、デヴィッド・ボウイ、プリンス、ジョージ・マイケルなど洋楽に夢中になり始めた頃のスターたちが相次いで亡くなった2016年を思い出さざろう得ず、自分の記憶の中でキラキラしていた80年代の音楽の思い出が急に霞んでしまうようで感傷的な気持ちになる年でもあった。

 

その一方で、個人的には90~00年代のDJ時代が再来したかのように久しぶりにイベントで回す機会に恵まれた。ソフトロックイベントMagic Garden出張ver.に参加し憧れのDJでもあったコモエスタ八重樫さんにお会いできReadymadeのロングTシャツのデッドストックを買い、一緒に写真まで撮って頂けたのは嬉しかった。主催者の小方俊也さんとは後述のあーるさんのイベントでまたご一緒する機会があり、素晴らしいソフトロックDJを堪能することができた。


f:id:vibechant:20231228121301j:image

また、四ッ谷のBarDoctorHeadなどで定期的にイベントを開催されているあーるさんがラウンジDJで回す日にお邪魔し、「トオルa.k.a.スケル 小西康陽を回す」と題し小西康陽作品だけを回すDJを披露したところ彼女に気に入って頂き、彼女の主催イベント「Bar薫る」に2度お招き頂き回す機会を得た。あーるさんとは昨年開催したファンジン『FOREVER DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER』の発行記念トイベント『一日ヘッド博士三昧』でDJとして参加して頂いたのがきっかけだが、彼女のような年下の世代が自分が90~00年代に夢中になった音楽で楽しそうに踊るのをDJブースから見て、月並みだが音楽は時代を越えると改めて感じた。


f:id:vibechant:20231228124102j:image


f:id:vibechant:20231228124208j:image


f:id:vibechant:20231228124255j:image

さらに勢いづき自主開催イベントとしては15年ぶりにクリスマスソングだけを回す「クリスマスソングの夕べ」まで開催するに至った。15年前のイベントもカヴァーソングしか回さない企画で、その時もクリスマスソングのカヴァーを回したので、我ながら進歩がないが結果的には平日の割には盛り上がりとても楽しかった。いつも私のわがままな選曲を受け入れて頂くBarDoctorHeadのやなぎはらさんには本当に感謝しかない。


f:id:vibechant:20231228125159j:image


f:id:vibechant:20231228125215j:image

もちろん我が家のアニヴァーサリーマンスである9月には互いの誕生日と結婚記念日をいつものお店で祝った。

f:id:vibechant:20231228125530j:image


f:id:vibechant:20231228125641j:image


f:id:vibechant:20231228125756j:image

年齢的には還暦まであと7年となった。人生100年時代などといわれる時代だが、歳をとって少しは賢くなったと思っても毎年予想もつかなかったことが起きる。結局のところいつものようにプリファブ・スプラウトのパディ・マクアルーンの言葉を思い出すのであった。

 

「まだこれから最良のものがやってくることを願う者にとって、ノスタルジーに浸ることは困難だ。先のことは誰にもわからない。人生は驚きの連続だ」

 


 

 

      

       

12.21.クリスマスソングの夕べ Bar DoctorHead


f:id:vibechant:20231222221154j:image

私はクリスマスソングが好きでここ数年はサブスクで配信されるクリスマスソングのプレイリストを毎年つくるのが恒例になっているのですが、一方でクリスマスソングは企画ものが多いせいか、自分にとってはスタンダード化している曲でもサブスクにはないものが結構あります。

こういう埋もれつつある曲をいっぱい聴きたいな、それならばせっかく最近久しぶりにDJをやるようになったんだから、クリスマスソングだけがかかるイベントをやろうと勢いづき、12月21日木曜日にBar DoctorHeadで「クリスマスソングの夕べ」を企画するに至りました。自主企画のイベントとしてはなんと15年ぶり。確かほぼ同じ時期でカヴァーソングしか回さないイベントでその時もクリスマスソングのカヴァー曲を回しました。我ながら発想に進歩がないです。

ちなみに「クリスマスソングの夕べ」というタイトルはEテレの5分番組「2355」でたまに放映される「トビーの映画音楽の夕べ」が元ネタです。ウチの妻はなぜか「夕べ」という言葉が気に入っていてこのコーナーが始まると「夕べっていい言葉だよね」としきりに言うので、それならイベントのタイトルに使おうと思った次第です。

f:id:vibechant:20231223001413j:image

 

以下、私の選曲リストです(順番はうろ覚え)。

 

【1st Set】
♪Hot Club Of Christ / Aztec Camera

一曲目はクレプスキュールのクリスマスソング・コンピ「Ghosts Of Christmas」収録のこの曲。クリスマスソングのスタンダードをメドレーでロディがギター弾きまくる楽しいインストです。


♪サンタが街にやって来る / Young Odeon

小西康陽ハモンドオルガンプレイヤーの井上大介によるユニット。もともとはネオGSレーベルのミントサウドのクリスマスアルバムのために録音された曲ですがレコードは売ってしまいました。


Merry Christmas Mr. Lawrence / 井の頭レンジャーズ

やはりこの曲は外せませんでした。とは言えオリジナルver.ではしんみりしてしまうので、カヴァーしかやらない井の頭レンジャーズのレゲエカヴーを選びました。あのフレーズをオルガンで延々と弾くやや狂喜じみたアレンジがクセになります。


♪X'mas No Hi / Original Love

インディーズ時代に唯一リリースされたアルバム収録の曲で「しゃくだから隣の家に入り火をつけた」「クリスマスの火 燃え盛ってる」「これが俺のクリスマス!」と放火魔のことを歌っているとしか言いようがない歌詞で、田島貴男の作詞センスを疑いたくなります。


♪Christmas Wish / NRBQ

おっさん達のパジャマ姿のジャケットといい、トイピアノなどのオモチャ楽器によるチープな演奏といい、なんとも味わいがある曲で私が最も好きなクリスマスソングです。


♪The Bell That Couldn't Jingle / Herb Alpert

トランペット奏者が唯一(多分)残したヴォーカル曲がクリスマスソングでしかもバート・バカラック作曲というのは何か特別な気持ちが込められていたのではと考えたくなりますが、ご本人のヴォーカル自体はのほほんとしてて和みます。


♪The Bell That Couldn't Jingle / Anita Kerr Singers

前曲のコーラスグループのver.です。途中でスタンダード曲ジングルベルのフレーズを織り込む洒脱なアレンジがお気に入りです。


♪I Don't Intend To Spend Christmas Without You / Claudine Longet

クロディーヌ・ロンジェのシングルリリースのみのクリスマスソング。ピチカート・ファイヴの「20th Century Girl」の元ネタで、セント・エティエンヌもカヴァーしています。

 

【2nd Set】
♪Noel a Go Go / Monoprix

00年代初頭に今は亡きダンスミュージックレコードで買った7inch。「オルガンバーなどで活躍する超有名DJ2人による覆面ユニット」という触れ込みでしたが結局今でもこの2人が誰なのかわかりません。それはそうとして、讃美歌のような女性パパパスキャット入りのHCFDMみあるダンスチューンで結構お客さんの反応がありました。


♪Christmas Tears / Hit Parade starring Amelia Fletcher

ヒットパレードはイギリスのネオアコバンドとして人気がありますがこの曲はなぜか打ち込みのシンセポップでしかもヴォーカルはヘヴンリーのアメリア・フレッチャー。確かビニールジャパンからリリースされた2ndアルバム(?)のおまけだったと思うのですがアルバムはこれまた売ってしまいました。


Last Christmas / Kids Christmas

スターバックスの店舗限定で販売された子供もののクリスマスソングのカヴァーアルバムからWham!の名曲を選びました。企画盤のわりにはやけに出来のいいアレンジでお客さんの反応もよかったのですが、改めて調べてみたらアルバムのプロデューサーのニック・ウッドは日本在住のイギリス人でKIRINのサッカー日本代表応援キャンペーンソング「Passion」を手掛けるなどかなりの大物で驚きました。


♪12月24日 / Pizzicato Five

スクーターズのロニーがヴォーカルのアルバム収録ver.。ピチカート・ファイヴのラストアルバム「さ・え・らジャポン」収録ver.では曲の合間にふかわりょうがクリスマスネタを呟きますが選曲の流れ的にはちょっと余計なので、ネタ無しのベストアルバムver.にしました。


♪Siide / Flipper's Guitar

「ヘッド博士」ファンジンを作った私がこの曲をかけないでどうする!ということで。その昔、この曲をカラオケで見事に再現する双子の女の子がいたのですが、2人して私の本名が"スケル"だと思い込んでいた変な子たちでした。ちなみに"スケル"というあだ名は大学時代にバイトしていたレンタルレコード屋で自分のことを"俺様"と呼ぶ一風変わった女性がいて、彼女が私の本名の"透"から名付けました。

 

B2B

Bossa Nova No.9 / Tokyo's Coolet Combo

順番的にイベントの最後のシメの曲だったので、クリスマスが終わり一年のシメといったらベートーベンの第九でしょということで小西康陽プロデュースによるラウンジユニットによるカヴァーを選びました。クリスマスソングではないですがMUSIC FOR DECEMBER'S CHILDRENというクリスマスミニアルバムに収録されています。

 

♪Christmas Time Is Here / Vince Guaraldi Trio

 イベント終了を告げる鐘の音的な役割として子ども達のコーラスが美しいこの曲をかけました。その昔、友人にクリスマスソングの選曲テープをつくる時は必ず最後にこの曲を選びました。

 

以上、つらつらと私の選曲リストを書きましたが、参加してくださったDJのGALLAーOさん、あーるさん、ミネコフさん、B2Bに飛び入りで参加した私の妻、Takanashiさん、Inoueさん、Kimuraさんとほとんど曲が被らず、それぞれが好きなクリスマスソングを回しまくったのに、♪きっと君は来ない~とか♪All I Want For Christmas Is You~とか世間的には鉄板のクリスマスソングは一切かからない、ある意味奇妙な「クリスマスの夕べ」になり、大変楽しかったです。残念ながらかけられなかったクリスマスソングもまだまだあるので、気が早いですが来年も「クリスマスソングの夕べ」をやりたいと思います。

平日にもかかわらず来てくださったお客様の皆さん、本当にありがとうございました。何よりいつも私のわがままな選曲を受け入れてくれるBar DoctorHeadのやなぎはらさんに感謝します。


f:id:vibechant:20231223105622j:image

ここまで読んでくださった皆様、メリークリスマス、良いお年を。

 

なぜモリッシーが好きなのかがわかった夜~40 YEARS OF MORRISSEY 2023.11.28.豊洲PIT


f:id:vibechant:20231213192007j:image

妻:「なんで今さらモリッシー見に行きたいの?」

私:「モリッシーも64歳だし、私も五十路だし、もう次はないかもしれないじゃない?だから一応見とこうかなと思って」

 

記録的な酷暑が続く8月、モリッシーの来日公演が発表された。たった一日でしかもスタンディング。チケット代も12500円と安くはない。何より私は32年前の初来日公演を見ているのだが正直さほどいい印象はなかったのだ。

 

●THAT’S MISSERABLE ENTERTAINMENT!~1991年のモリッシー来日公演再録

https://vibechant.hatenablog.com/entry/2016/07/30/THAT%E2%80%99S_MISSERABLE_ENTERTAINMENT%EF%BC%81%EF%BD%9E1991%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%BC%E6%9D%A5%E6%97%A5%E5%85%AC%E6%BC%94%E5%86%8D%E9%8C%B2

 

「プレミアチケット必至!」の煽りがあったもののチケットはあっさり取れた。だが11月になると予定されていたアジアの4公演はことごとくキャンセル、「豊洲もキャンセルだろうから浮いたチケット代で何か美味しいものでも食べに行こうか」と妻と話していた。しかしその日はやってきた。当日のドタキャンは勘弁と思いながらも豊洲に向かう。ツイッター(現X)で早くも物販に並ぶ人が「リハでモリッシーの声が聞こえる!」と投稿していたがそれでも現実味はなかった。

 

豊洲PITに着き中に入ると手厚いご歓迎に苦笑する。
f:id:vibechant:20231213191208j:image

前に行く体力も気力もないので最後尾に陣取る。かろうじてステージのスクリーンが見えるがこの時点でも現実味がない。


f:id:vibechant:20231213191943j:image

「間もなく開演です」のアナウンスがあり会場に大歓声が沸くが始まったのはモリッシー・セレクション・ミュージックビデオ上映会。シンニード・オコナーの「Nothing Compares 2 U」には涙腺が崩壊しそうになったが、ダラダラとミュージックビデオが30分以上垂れ流され続け「機嫌損ねてキャンセルか」と覚悟していたが、遂に客電が落ちた。

 

最後尾なので姿は見えないが、「コンニチワー!!ユーアーザワンフォーミー…トーキョー!!」とモリッシーのMCが聞こえる。あれ?上機嫌じゃん、初来日の時は日本語のMCなんてあったっけ?とあまりにも待たされたので正直冷めていたが、「We Hate It When Our Friends Become Successful」を歌い出し、モリッシーの声を聴いてはっきり言って驚愕した。力強い。しかも美しい。とても64歳の男性の歌声とは思えない。そしてようやくわかった。私はモリッシーの歌声が好きなのだ。歌声でこれだけ人を魅了できる唯一無二の歌手。それが私がモリッシーが好きな理由なのだ。極めて単純な理由だが単純だからこそ動かしようのない事実であり、天賦の才としか言いようがない。

 

モリッシーの歌声は最後まで衰えることがなかった。終盤の「Please, Please, Please, Let Me Get what I Want」と「Everyday Is Like Sunday」は胸打たれる絶唱だった。アンコールの激しいアップテンポナンバーの「Sweet and Tender Hooligan」すら美しく聴こえた。

 

「人が何と言おうと、とにかく僕は勝った。戦いはすでに終わってしまったんだよ」。ーかつてモリッシーが語った言葉の意味がわかったような気がした一夜だった。きっと50 YEARS OF MORRISSEYもあるだろう。その日に向けチョコザップにでも行くか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トオルa.k.a.スケル 渋谷系とそのルーツを回す

11月23日(木) 四ッ谷のBar DoctorHeadの人気イベント「Bar薫る」にまたお招き頂きDJしてきました。今回主催者あーるさんから頂いたお題は「自由度」でいわゆる渋谷系と呼ばれるアーティストの楽曲だけでなく参加DJそれぞれが解釈を広げてほしいとのことだったので、23日は勤労解釈の日なので90年代に渋谷の中古盤で買い漁ったソフトロック、フレンチポップ、ラテン、昭和歌謡を久しぶりに回すことにしました。題して「渋谷系とそのルーツでレッツ・ラブまたは勤労はレコード代のためにあると思っていたあの頃」。


f:id:vibechant:20231124111324j:image

【1回目】

●私の好きなもの/佐良直美

1曲目としてはクラブ映えはしない佐良直美昭和歌謡ボサですが、次にかけた夏木マリの呼び水のようなもので歌詞でつなぐのもおもしろいと思い選びました。作詞は永六輔で自分が好きなものをつらつらと並べつつ「あなたがいちばん好き」と歌うベタベタのラブソングですが、好きなものに「三味線のつまびき」が出てくるのが昭和で笑えます。

https://youtu.be/rbMIiLhhMBg?si=kBkHxboFgE57QtHu


●いちばん好きなもの/夏木マリ

小西康陽プロデュースの夏木マリはどの曲も好きなんですが、今回は歌詞つなぎでこの曲を選びました。これもクラブ映えのつなぎを狙うなら最初の語りはカットすべきですが、夏木マリさんは女優ですから最初からかけました(単にCDJに慣れてないのもあります)。

https://youtu.be/tMQSLFFF0So?si=qSkINXrxO8BbcOde


●大人になれば/小沢健二

主催者のあーるさんが小沢健二好きですし、夏木マリの大人の哀しい恋愛ソングにつなぐのも歌詞的におもしろいかもと思い選びました。ちなみに私の数少ないカラオケのレパートリーでもあり、スキャットの部分も再現します。

https://youtu.be/kA1RsZBENd0?si=vU7QbTj781fRuRad

 

●A Smile And A Ribbon/Prudence

子どもモノの音楽は大好物で中でもPatience And Prudenceはいちばん好きな子どもモノですが、妹のPrudenceのソロ曲を選びました。トイピアノのイントロが小沢健二の「大人になれば」のピアノと合うかもと思ったのもありますが、22年ぶりにリバイバル上映が決まった私が大好きな映画「ゴーストワールド」でこの曲が使われいて動画ではストーリーの前後がわからないとは思いますが、「笑顔と髪にリボンをつけるから注目されるのよ」という歌詞があまりにも皮肉で見るたびに涙腺が崩壊します。

https://youtu.be/_ZGfdFL0aiE?si=2VuEa0IF9gMYcA79


●So Einen Jungen Mann/France Gall

フレンチポップといえばフランスギャルでジャケットも魅力的ですが、個人的にはいちばんかわいいジャケットだと思うこの曲を選びました。タイトルも歌詞もフランス語ですが、原曲はボサノヴァのスタンダードの「サマーサンバ」です。

https://youtu.be/nj6Wx-Msy04?si=RRNuavI1eA7fLC8E


●走れニコ/鹿島とも子

若い世代には鹿島とも子と言われてもピンとこないと思いますが、私たちの世代にとってはオウム真理教での広告担当としての活動と長女拉致事件が有名で忌まわしい記憶の方が強いでしょう。そんな彼女ですが、日劇ダンシングチーム所属時代に残した「走れニコ」は日本語の歌詞の歌い出しが二番からはフランス語に変わるなんともお洒落な昭和歌謡ソフトロックなのでした。

https://nico.ms/nm13416304?ref=other_cap_off

 

【2回目】
●Tour Of Jamaica/Mighty Sparrow

1回目がちょっとウェットな選曲だったので2回目は陽気に行こうと景気づけに1曲目はMighty Sparrowのこの曲を選びました。ヤン富田プロデュースのいとうせいこう日本語ラップ名盤「MESS/AGE」でもサンプリングされたカリプソでDJクボタタケシもよく回していました。

https://youtu.be/1yofEo3KGI8?si=WE8R1qZxxUzKfQoI


●Le Petit Quica/Marpesa Dawn

映画「黒いオルフェ」の主演女優だったMarpesa Dawnが残した数少ないシングル曲で、私が世界一キュートなサンバだと思う曲です。かつて外苑前にMin Franceと言うフレンチポップ専門店があり、店長Yさんの「これウチで買ったの小西康陽くんと須永辰緒くんだけ」という誘惑文句に負け、高額を叩いた思い出の一枚でもあります。

https://youtu.be/JOt3-sU9zug?si=1AlOIGQBfZXke4Z7


●ストリート・サンバ/泉田エミイ

サンバつながりでこの曲を。泉田エミイは渡辺貞夫が見いだしたブラジル二世でこの曲も日本語の歌い出しから二番がポルトガル語になるのがお洒落な昭和歌謡ボサです。

https://youtu.be/9fVwzQq0p5g?si=MTq9-QJWcbLYEhw-

 

●Summer Beauty1990/野宮真貴カジヒデキ

選曲テーマはこの曲の日本語タイトルから文字りました。7inchで回したかったので野宮真貴カジヒデキのカヴァーver.を選びました。

https://youtu.be/f2sXihgLXXY?si=wQ33rhNDiSARB6-M


●Can't Take My Eyes Off You/Zard

小西康陽プロデュースの珍盤です。もともとはZardのアルバム「永遠」の初回特典の8cmCDだったものを12インチレコード化したもので私が唯一持っているZardの一枚ですが、坂井泉水はガチでボーイズタウンギャングの「君の瞳に恋してる」が大好きだったらしくカヴァーをやるならこの曲と自ら選んだそうです。子どものコーラスが可愛らしくてカヴァー曲専門DJをやっていた頃は必殺の一枚でした。

https://youtu.be/qAscGakJbcY?si=DIGioYEN4jFs5LNg


●陽の当たる大通り/小西康陽

小西康陽つながりでやはりこの曲は欠かせませんでした。今のところライブ会場限定販売の7inchのためネットには音源がありませんが、「小西康陽 小西康陽を歌う」のアルバムのリリースを切に願います。

 

B2B

●It's You/Sunaga t Experience

リリースの時期的にも渋谷系と言える曲ではありませんが、妻のリクエストでこの曲を選びました。主催者のあーるさんも好きな曲だったようなので結果オーライかなと思ってます。

https://youtu.be/dT4kEuEJy64?si=Hc5P50u6nvY8iOKt

 

今回は「自由度」がテーマだったので参加DJの選曲の個性がより出て楽しい一時でした。特にソフトロックイベント「magic garden」を主宰されている小方俊也さんの「小西(康陽)さんに教えてもらったレコード」をテーマにしたDJは素晴らしくソフトロックの真髄を堪能しました。そしてDJガンダムさんの早つなぎはやはり「連邦の化け物」級でした。ユーミンの「Sweet Dreams」から矢野顕子の「行け柳田」をつなぐなんて普通やらないでしょ!

 

主催者のあーるさん、Bar Doctor Headのやなぎはらさん、DJの皆さん、足を運んでくれたお客様の皆さん、テクノ好きで渋谷系はほとんど聴かないのに付き添ってくれた妻、ありがとうございました。またどこかでお逢いしましょう。


f:id:vibechant:20231124150252j:image
f:id:vibechant:20231124150259j:image
f:id:vibechant:20231124150304j:image
f:id:vibechant:20231124150309j:image

f:id:vibechant:20231124150328j:image





 

 

トオルa.k.a.スケル 小沢健二と渋谷系を久しぶりに回す

10月15日(日) 四ッ谷のBar DoctorHeadの人気イベント「Bar薫る」にお招き頂きDJしてきました。主催者あーるさんから頂いたお題は「小沢健二渋谷系」。Twitter(現X)での告知では「''渋谷系おじさん''仕草のマニアックな選曲ではなく五十路のいま自分が回したい直球の「小沢健二渋谷系」を披露したいと思います」と大見得を切ったものの、ああでもないこうでもないとCDをひっくり返し悩んだ結果、「五十路の精一杯アゲめの小沢健二渋谷系」でいこうとこの選曲になりました(ちなみに他の候補は「五十路のメロウな小沢健二渋谷系」と「五十路の枯れた小沢健二渋谷系」でした)。

f:id:vibechant:20231016083446j:image

●Sunday/Tokyo No.1 Soul Set

一曲目は日曜日だし小沢健二と言えばソウルセットでしょとこの曲。私がソウルセットを初めて知ったのは1993年の小沢健二日比谷野外音楽堂でのデビューフリーライブで彼らがオープニングアクトを務めた時。このライブは来場者多数で会場には入れず小雨降る寒い中、外で野音から漏れてくる音を聴いてました。

 

●しらけちまうぜ/東京スカパラダイスオーケストラfea. 小沢健二

小沢健二と言えばスカパラでしょとこの曲。元曲は作詞:松本隆、作曲:細野晴臣小坂忠の名曲です。今のシティポップブームで人気の曲ですが、90年代のフリーソウルの頃もクラブでよくかかり今は無き輸入レコード屋CISCOがレコードで再発したほどでした。

 

●ホテルと嵐/小沢健二

小沢健二のアルバムでは「球体が奏でる音楽」がいちばん好きなんです。特にこの曲はスカパラのホーンも抽象的な寓話のような歌詞も最高傑作だと思っていて、小沢健二はこの路線でシンガーソングライターとして成熟し、いい意味で枯れていってほしいと当時は勝手に思ったものでした。

 

●ローマを見てから、死ね/夏木マリ

小西康陽プロデュースの夏木マリはどの曲にするか悩んだほど大好きなんですが、渋谷系はほとんど聴かない妻(プロディジー推しのテクノ好き)がこの曲を気に入っているので選びました。「ホテルと嵐」のホーンの終わりと「ローマを見てから、死ね」のチェンバロの始まりはBPM的にもいいつなぎができたと個人的には満足しています。

 

●陽の当たる大通り/小西康陽

小西康陽プロデュース曲をかけたらならやはりご本人は外せません。今のところ矢舟テツロー・トリオを率いた「小西康陽 小西康陽を歌う」のスタジオ録音はこのライブ会場限定販売の7インチ「小西康陽のの当たる河馬」でしか聴けませんが、とにかく毎回ライブが素晴らしいのでぜひともアルバムをリリースしてほしいです。

 

●Cherish Our Live/Love Tambourines

ジャズ・スタイルの楽曲が続いたところでやや強引なつなぎでしたが、選曲のお題が渋谷系ですからこの曲も外せませんでした。もちろん今聴いてもバンド名に相応しい愛に満ちた素晴らしい曲ですが、何よりこのバンドを見出だした瀧見憲司こそが渋谷系の伝道師だと思うからです。ネオアコに始まりジャズ、ソウルに路線を変更し、ハウスを経て現在はバレアリックと変貌を遂げた瀧見憲司の選曲スタイルは渋谷系と呼ばれた音楽を聴いていた私の音楽遍歴でもあります。

 

●Since Yesterday/marimari rhythmkiller machinegun

渋谷系とは言い難い曲ですが、選曲中にこのCDが出てきて久しぶりに聴いたらあまりの良さに愕然とし、以来頭の中でずっとリピートしてたので選びました。原曲のストロベリー・スウィチブレイドは明るいシンセポップとは裏腹の失恋ソングですが、marimariによる日本語詞は彼女の当時のパートナーであったフィッシュマンズ佐藤伸治を優しく包み込みような歌詞で、歳をとって涙もろくなったおじさんにはたまらないのです。

 

【Back to Back】

●グルーヴチューヴ/井の頭レンジャーズ fea. 曽我部恵一

小沢健二の楽曲が続くなか、邪道な選曲ですみませんでした。B to Bというとネタに走る昔の悪い癖が出てしまい…(00年代にカヴァー曲しか回さないDJをやっていました)。知らない方もいたようですが再発の7インチはまだ買えます。カップリングのBorn Slippy/Underworldはテクノ好きの妻も爆笑しました。

https://parktone.thebase.in/items/38135307

 

こうやって振り替えるとイベントのお題の「小沢健二渋谷系」に相応しい選曲だったのか我ながら甚だ疑問ではありますが、これが90年代に渋谷系と言われる音楽を聴いた五十路の「今はこれが精一杯」の選曲なのでした(おそらく私が最年長だったと思います)。

 

オーガナイザーのあーるさん、Bar Doctor Headのやなぎはらさん、小沢健二の秘蔵映像を披露されたチビママさん、DJの皆さん、何より足を運んでくれたお客様の皆さん、ありがとうございました。またどこかでお逢いしましょう。

 



f:id:vibechant:20231020131027j:image